› 赤紫蘇を始め、日本伝統的な植物を中心に

赤紫蘇の写真

「日本の食文化から着想を得たスキンケア化粧品」

シズージュは、日本の気候と風土に合った、日本人のためのスキンケアを考え、日本人が長年慣れ親しんできた、食文化から着想を得ています。

食事のように、毎日朝晩行うスキンケアは、その土地に根ざした植物と歴史が証明する栄養を取り入れるのが、ナチュラルで本質的な美しさへとつながると考えました。

そして強い “防腐力” と “抗菌作用” が保存性を高めるために、日本で古くから梅干し作りに使われてきた赤紫蘇に着目。
無農薬で育てることが難しいと言われていた赤紫蘇ですが、提携農家の協力の得て無農薬での栽培に成功し、シズージュは誕生しました。

「赤紫蘇の精油は、600キロの赤紫蘇から、たった1キロしかとれません。」

ローズの精油と同様に、とても貴重な精油です。その赤紫蘇の精油を惜しみなくブレンドしたシズージュ製品は、赤紫蘇の芳醇な香りが特徴的です。また、*世界で初めて赤紫蘇の精油をブレンドした化粧品として登録されました。

他にも、お米やオタネニンジン、柚子など日本の伝統的な植物を中心に、熱を加えないハンドメイド製法で精油やエキスを抽出し、ブレンドしています。

*INCIコードの登録「シソ葉・茎油」の精油

日本でお馴染みの食材は美容成分も豊富

梅干しと赤紫蘇の画像

› 梅干しを長持ちさせる智慧

「赤紫蘇の濃厚ポリフェノール」

強い防腐作用と殺菌作用を持っていることから、日本では古くから梅干し作りに用いられてきました。
漢方では、アレルギー疾患にも有用とされ、じんましんや風邪のひきはじめに使われてきた紫蘇の葉は、エイジングケア*だけでなく、ストレスやトラブルを抱える現代の肌に最適です。

*年齢に応じたケア
白米ご飯の画像

› 日本人が長年食べ続けたお米の力

「豊富に含まれるビタミンE」

和食の基本のお米。お米を精白するときに出る糠は栄養満点の油分がたっぷりあります。
今やエイジングケア*の代名詞とも言えるビタミンEやメラニンの生成を抑えるフェルラ酸、紫外線防止効果のあるγオリザノールなどが含まれており、ハリのある明るい素肌へと導きます。

*年齢に応じたケア
オタネニンジンの画像

› 生薬として活躍してきたオタネニンジン

「新陳代謝を促進させるサポニン」

オタネニンジンの根には、新陳代謝を促進させ、バランスを整えるジンセノサイドと呼ばれるサポニン群を約40種類も含有しています。
美容においては、エイジングケア*やお肌のゆらぎを整える効果が期待でき、さらに他の成分の効果を強めてくれるまさにお肌の滋養・栄養です。

*年齢に応じたケア
SHIZOOJUの由来

ブランド名とパッケージの込められた想い

シズージュの考え方

毛穴ケアから健康的な素肌へ